Event is FINISHED

ESG情報開示研究会 第1回活動報告会 ESG情報開示の現状と課題 ~国内外の機関投資家と事業会社へのヒアリング調査結果より~

Description

【イベント内容】
インベストメントチェーンに関わる事業会社・機関投資家など、多様な立場から効果的で効率的なESG情報開示のあり方を検討しています。
今回の調査により、事業会社と機関投資家を取り巻くグローバルでの環境変化と課題が浮き彫りになりました。
その状況を踏まえ、ESG情報開示のあり方について有識者を交えたパネルディスカッションを行います。

【開催概要】
日 時:2020年11月25日(水) 16:00~17:30
    ※開始10分前を目安にZoomにアクセスいただくよう、ご協力お願いします。
会 場:オンライン(Zoomウェビナー)
    ※アクセス情報は前日までにご案内いたします。
参加費:一般参加者:5,000円/人
    学術機関/学生:3,000円/人
主 催:一般社団法人ESG情報開示研究会
後 援:日本取引所グループ
協 力:EY Japan
    KPMG Japan
    三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社

【プログラム】(内容・登壇者は予告なく変更になる場合がございます)
1. イントロダクション (16:00~16:05)
登壇者 北川哲雄(一般社団法人ESG情報開示研究会代表理事・研究会座長、青山学院大学名誉教授、東京都立大学特任教授)

2. 現状分析結果報告 (16:05~16:50)
登壇者①達脇恵子(有限責任監査法人トーマツ パートナー)
   ②大堀龍介(機関投資家協働対話フォーラム理事、投資家フォーラム運営委員)
   ③貝沼直之(マネックスグループ株式会社 執行役員社長室長)

3. パネルディスカッション (16:50~17:30)
モデレーター 北川哲雄
登壇者①堀井浩之(三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社 常務執行役員)
   ②三木誠(日本取引所グループ サステナビリティ推進本部 事務局長)
   ③住田孝之(WICI会長、IIRCカウンシルメンバー、住友商事顧問)

【ご注意事項】
・本イベントのお申込は、参加者ご本人あるいは業務上の代理権乃至それに準ずる権利をお持ちの方のみに限らせていただきます。
・開催情報の転送や複数名でのアクセスはお控えください。
・主催者からの領収書の発行は行っておりません。領収書が必要な場合は、Peatixのシステム上でご自身でお手続きください。
https://help-attendee.peatix.com/ja-JP/support/solutions/articles/44001821741
・本イベントの録画、録音、撮影は固くお断りさせていただきます。これらの違反が発覚した場合、法的処置を取らせていただく場合がございます。
・本イベントはオンライン会議サービス「Zoom」を利用します。セキュリティ強化のため、パスワードを設けて開催します。開催情報はお申込者宛に主催者よりご案内いたします。
・本イベントのご参加にはインターネットの接続が必要です。事前にZoomの利用環境準備や、お使いのコンピュータ設定やネットワーク環境をご確認ください。設定や環境により、正しく視聴できない場合があります。
・通信トラブル等の技術的な問題について、主催者ではご回答・ご対応しかねますので予めご了承ください。
・Zoom利用に関する通信費は、参加費に含まれておりません。またZoom利用により生じた損害に対して主催者側では一切の責任を負いません。
・天災や止むを得ない事情により、セミナーの中止や内容を変更する場合があります。予めご了承ください。
・お申込時にご記入いただいたお客様の情報は、全て主催者に帰属いたします。当法人の個人情報取り扱い方針に則り、厳正に運用いたします。
・主催者は、株式会社日立製作所に事務局を委託しています
・セミナーご参加にあたり悪質と判断した場合は、ご退室いただく場合があります。

【ESG情報開示研究会について】
 近年、資本市場において、環境・社会・ガバナンス(ESG/Environment、Social、Governance)の観点で投資判断評価を行うESG投資が活発化しており、また、企業ではESGに関する情報開示や機関投資家をはじめとするステークホルダーとのエンゲージメントを効果的かつ効率的に行うことが課題となっています。
本研究会は、ESG情報開示・エンゲージメントのさらなる発展に向け、情報開示のための指標の検討やステークホルダーが参画するプラットフォーム構築などをはじめとしたインフラを整備することで、企業とステークホルダーの相互理解を深め、ESGに取り組む企業のさらなる企業価値の向上に貢献することを狙いとしています。
 本研究会は、ESG情報開示を行う企業だけでなく、国内外の機関投資家や監査法人・会計事務所グループのプロフェッショナルなどさまざまなステークホルダーが参加することで、ESG情報開示のあり方を多様な視点から検討します。
また、実務に活用可能な実践的なフレームワークの作成をめざし、机上の検討に留まらず、実際の情報開示業務に沿った実証まで行うことを予定しております。
具体的には、従来のESG情報開示の国際的なフレームワークでは評価の難しかった日本固有の特色などを加えたモデル指標の探究や、効果的かつ効率的な情報開示・エンゲージメントを行うためにどのようなインフラを整備すべきかについてまとめていく予定です。
研究活動の期間は2年間を予定しており、研究成果はホワイトペーパーとしてまとめ、国内外の企業・機関投資家などに広く活用してもらうために公表します。
詳細は当研究会公式HPをご参照ください。
https://edsg.org/

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#834446 2020-11-24 01:23:11
More updates
Wed Nov 25, 2020
4:00 PM - 5:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
一般(オンライン) SOLD OUT ¥5,000
学術機関/学生(オンライン) SOLD OUT ¥3,000
Organizer
一般社団法人ESG情報開示研究会
29 Followers

[PR] Recommended information